スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の晩餐。

今日,結婚式の打ち合わせに行ってきました。

その詳細については,また日を改めて,
まとまり次第,報告させていただきたいと思います。

今回は,その打ち合わせの後のことを書いていきたいと思います。



午前中から始まった打ち合わせを終えると,早くも昼過ぎだったので,
昼食を仕入れて,2回連続であのテの展開になりました。

途中,普通は彼女に対して言わないような僕の爆弾発言(?)もあり,
結局は,それをネタにされ,“彼女”に散々に言われる始末(汗)。



夕食は,何故か“彼女”のご両親に,一緒にとお誘いを受けていたので,
“彼女”の地元のオムライス屋さんに向かいました。

打ち合わせの内容や引っ越しのこと,結婚に関するしきたりのことなど,
いろいろな話をすることができました。

“彼女”のご両親に対しては,さすがに気は使うものの,
一時期のように固くなるほど緊張することもなくなりましたし,
幸い,よく思っていただいているようで,ありがたい限りです。

夕食の後,“彼女”のご両親とは別れて,
“彼女”にそのまま駅まで送ってもらい,解散としました。



ちなみに,どうして“彼女”のご両親から夕食のお誘いがあったのか。

実は,少し前から,“彼女”のお父さんは単身赴任をしています。

赴任先がそこまで遠くないところだということもあり,
週に1回ほど,“彼女”の自宅まで帰ってはくるそうですが,
毎週はなかなか帰れず,それほど自由がきくわけではないそうです。

そういうこともあり,今日は,“彼女”のお父さんにとって,
結婚前の娘(“彼女”)と共に夕食をとることができる,
最後の機会だったかもしれない…とのこと。

さすがに,その機会を逃すわけにはいかず,
僕もついでに(?),その誘いを受けたというわけです。



それを知ると,僕としては,
お邪魔してすみませんという気持ちになります(汗)。

しかし,その反面,そんな大切なときに招かれたということは,
とても嬉しいことなのではないかとも思っています。

何かとよくしていただいている“彼女”のご両親にも,
結婚式ではもちろん,それから先もたくさん恩返しをしていきたいです。
スポンサーサイト

最後のピアノ発表会。

一昨日,“彼女”のピアノの発表会を観に行きました。

この発表会は,“彼女”が通っていたピアノ教室が主催したもので,
一昨年(⇒ゴールデンウィークデート1日目)に続き,
招待されたのは,2回目のことです。

“彼女”の参加にかかわらず,毎年,行われているこの発表会ですが,
“彼女”の出演は,おそらく,今回が最後になるハズです。

今回は,“彼女”の出番が後半に集中しているとのことで,
遅めの時間に行くことにしました。



指定された時間に会場に着くと,早速,
“彼女”のお母さんが迎えてくれました。

「席が分からないかと思って」と案内してくれた座席は,
最前列から3列目までの,まさかの特等席(汗)。

結局,2列目の端の席に座って,観ることにしました。



“彼女”の演奏は,やっぱりすごかったです。

後で訊いたところによると,失敗したところはたくさんあったそうですが,
失敗をしていないように装ったり,自分なりのアレンジをしたりして,
ポーカーフェイスで弾いていたんだとか。

それはそれですごい気が…(汗)。

そして,蛇足ですが,“彼女”のドレス姿は,
いつもとは違う美しさがありました。



途中の休憩のときや,演奏が終わった後は,
“彼女”のご両親はもちろん,祖父母や親戚の方々と,
軽く挨拶をしつつ,いろいろな話をしていました。

初対面ではないので,そこまで緊張はしませんでしたし,
好意的に接していただけているので,よしとします。



発表会の後は,“彼女”の自宅に一旦お邪魔をしてから,
“彼女”と2人で夕食に出かけました。

翌日も会うことになっていたので,この日は早めに解散をしました。

続きを読む

パスポートの代わりに。

昨日の午後,3月に申請したパスポートをもらいに行きました。



パスポートを受領する場所は,僕の地元と“彼女”の地元の間にあります。

せっかく,そこまで行ったからには,“彼女”と会えるといいなぁと思い,
急遽,“彼女”に連絡をとってみたものの,電話がつながることはなく,
かけたり,かけられたりして,何回か行き違ってしまっただけでした(汗)。

仕方なく,“彼女”と会うことを半ばあきらめて,
電車に乗って目的地へ向かいました。

そのまま,何事もなく,目的地の最寄りの駅に着いたのですが…。

続きを読む

念のための保険。

昨日,“彼女”の地元に,ある目的をもって出かけてきました。



その日の朝,今年の誕生日プレゼントとして,
“彼女”からもらった服(⇒次から次へと)を,初めて着てみました。

両親からは,「やっぱり見る人が見ると違うねぇ」と,
服を選んだ“彼女”のセンスを褒められました(汗)。

そのまま出発し,いつもの時間に,“彼女”の地元に到着しました。

借りていたCDを返し,ホワイトデーのプレゼントと,
視聴してみてほしいCDとDVDを渡しました。



そのまま,昼食のお店を探しながら,目的地の方向へ車を走らせました。

その途中,車内では音楽の話をずっとしていました。

音楽といっても,流行りの曲や好きな曲のことではなく,
移動ド唱法(⇒参考)を中心とした,やや専門的な話です。

このあたりは,“彼女”の得意分野なので,
難しくて,パニックになった部分もありましたが,勉強になりました。

ちなみに,昼食は,途中で見つけたショッピングモールの中にあった,
ファミレスでとりました。



その後,目的地に移動しました。

詳細は,また別の記事で書こうと思います。



目的を済ましてから,“彼女”の自宅に向かいました。

そこにある旅行のパンフレットを見ながら,
新婚旅行の第2希望を考えることにしたのです。

実は,以前に旅行の話をした(⇒行き先は決まり!?)ときに,
行き先と旅行プランを決め,“彼女”に予約までしてもらいました。

しかし,その旅行プランには,ある難点がありまして。

15人以上が集まらないと,旅行が中止になってしまうのです。

そのため,そのプランがダメになってしまったときの保険として,
違うプランをあたってみることにしたのです。

相変わらず,オーストリアのことをあまり分かっていない僕ですが,
“彼女”と相談をして,1つのプランに決めました。

ドイツにも足を運ぶプランなので,移動の負担は増えますが,
それ以外には,ほぼ満足できそうな感じです。



それから,夕食を兼ねて,カラオケに行くことにしました。

個人的には,お気に入りのアーティストのアルバムが出たばかりなので,
その新曲の中から,特に好きな曲をいくつか歌ってみました。

まだまだ歌い慣れてはいないものの,悪い感触ではなかったです。

“彼女”は,途中で,僕と僕の両親がリクエストした曲,
あわせて3曲を披露してくれました。

こちらも,まだまだ慣れてはいない感じでしたが,
さすがは“彼女”,うまくまとまっていました。



カラオケの後は,再び“彼女”の自宅へ。

先月の中旬に行ったという家族旅行のお土産の1つを,
まだもらっていなかったため,それを受け取りに行ったのです。

「口に合わないかも」と,何故か試食までさせてくれた“彼女”のお母さん。

ウチは基本的に何でも食べるので,まったく問題はありません。
ありがたくいただきました。



帰る前に,いつものように夜のドライブへ。

その結果,帰りの電車が遅くなりましたが,それは仕方がないことです。



次回は,3月下旬の予定ですが,
それまでに相談できることはしておきたいと思います。

次から次へと。

昨日,“彼女”の地元に遊びに行ってきました。

今回は,バレンタインのチョコレートと,
家族旅行のお土産をもらうという,立派な目的がありました(笑)。



しかし,1日の始まりから,個人的に(?)トラブルがありまして。

ふと目が覚めたら,早くも家を出る時間だったのです。

急いで支度をして,自宅を飛び出しましたが,
もちろん間に合うハズもなく,“彼女”に遅刻メールを送りました(汗)。



予定よりも30分遅い時間に駅まで迎えにきてもらい,昼食へ。

おいしいつけ麺の店があるとのことで,行ってみることに。

ほとんどと言っていいくらい,つけ麺は食べたことがなかったのですが,
その濃厚な味は,なかなかのものでした。

食後に,店の中で,バレンタインのチョコレートをもらいました。

ついでに,ものめずらしいチャイのリキュールを1瓶をもらい,
“彼女”のお気に入りのアーティストのCDを貸してもらいました。

嬉しかったのですが,何故,このタイミングで…?(笑)



その後,もうすぐやってくる僕の誕生日の,
プレゼントを買いに行くことにしました。

今年のプレゼントは,“彼女”には少し前に伝えてありましたが,
“彼女”に冬服をコーディネートしてもらうことにしました。

普段,服をめったに買わない僕。

夏は,Tシャツにジーンズで済ませてしまうのですが,
さすがに冬はそういうわけにもいかず…。

冬服のバリエーションがとても乏しいため,
“彼女”のセンスを取り入れようと考えたのです。

行き先は,近くにあったショッピングモール。

“彼女”の選択に影響を与えないように静かにしながら,
“彼女”の後をついていきました。

時期的に,もう春物が多かったですが,
冬物もまだまだ残っていました。

時折,僕に合わせてみながら,
純粋に“彼女”の好みで選んでもらいました。

結局,いつもの服とは少し違ったタイプの服と,
やはり,少し違ったタイプの上着をプレゼントしてもらうことに。

自分の考えでは,まず間違いなく買っていない組み合わせでした。
価格的にも,自分では手を出さないような組み合わせでした(汗)。



店を後にして,そのまま,まったりしに行くことに。

途中,1時間くらいの時間を使って,仕事の話をしていました。

よくやる近況報告や,悩み相談ではなく,
『ここをこうしたらもっとよくなるハズだ!』という類のもの。

お互いの考えや意見を提案し合っていた感じです。

同業者,さらには,今年度は仕事の内容も似ているので,
なおさら,話に火がついてしまったようで。

それでも,こういう時間って決して悪くはないと思いますし,
その後で,その場所に行った目的をきちんと果たしたので,よしとします。



夕食で,牛丼のチェーン店に行き,最後に,“彼女”の自宅に寄りました。

予定していた家族旅行のお土産と,
少し前に完成したらしいオーダーメイドスーツをもらいに行くためです。

玄関先で,迎えてくれたのは,“彼女”のお父さん。
さすがにもう緊張はしませんが,それでも,少し肩に力が入ります(汗)。

初めて目の当たりにしたスーツは,
いつもの安物と一味違う感じを受けました。

お土産も,その場で同じ紙袋に入れてくれました。

“彼女”の車の中で,その紙袋の中に,
誕生日プレゼントの服を入れて,まとめておきました。



結果,帰りには,中身がいっぱいになったいつものかばんと,
さらに大きな紙袋が1つという状態になりました。

一気にこれだけのものをもらえることも,そんなにない気がします(笑)。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。