スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ拝聴会…その後。

前の記事(⇒過去の記事へ)の続きです。



鉄板焼きのお店から、駐車場へ向かう道を歩く僕と“彼女”。

この道は、僕にとって、苦い思い出の残る道です。



【苦い思い出の残る道】(過去の記事を要約)

4年前、“彼女”と初めて一緒に過ごしたクリスマス。

今回の鉄板焼きのお店のすぐ近くにあるお店で、
当時としては、相当に背伸びをしたクリスマスディナー。

付け焼き刃のテーブルマナーと雰囲気に、がちがちに緊張したまま、
駐車場に戻る途中、自分の思いをうまく表現できなかった僕が、
その気がないのに、“彼女”を傷付けるような一言を放った道。

その内容は、“彼女”に嫌われ、フラれてもおかしくないほどのもの。



“彼女”にとっても、おそらくいい印象がない、この道と駐車場。

その場所を、少しでもいいものにしようと、
僕はある話をもちかけようとしました。

それをさえぎる、“彼女”からの「もうすぐ閉まるね」の一言。

駐車場の空いている時間が、残りわずかだったため、
その場所での話をあきらめ、車を移動させることにしました。



移動した先は、いつも、夜のドライブで車を停める場所。

今回もそこに車を停めて、話を始めました。



まずは、自分たちのこと。

もうすぐ、付き合って4年の記念日を迎えます。

今まで、けんからしいけんかを、1回もしたことがありません。

僕に対する不満を我慢していないかと、
付き合い始めから今までに、何回も“彼女”に訊いてきましたが、
返事は決まって「特に(不満に思って)言うことはないよ」というもの。

反対に、僕から“彼女”に対する大きな不満もありません。



次に、僕の誕生日のこと。

2月の下旬に、僕の誕生日があります。

いつも、なかなかプレゼントを決めきれない僕に対して、
今回、“彼女”からは、早い段階から「考えておいて」と言われています。

そこから、話を進めていきました。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。