スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の終わり。

2009年も、あと少しで終わろうとしています。



昨日、いつものように、寝かけながら(汗)ではありますが、
“彼女”と今年のことについて話をしていました。

今年は、ずっと付き合ってきた“彼女”との結婚の話が出て、
結婚に向けて、少しずつ前進した1年になりました。

これから、今年以上に結婚が現実味を帯びてくると思いますが、
来年も“彼女”と二人三脚で進んでいきたいと思います。

僕には、プロポーズという大きな宿題もありますけれども…(激汗)。



この前、高校の同窓会で、友達に先を越されることを知りました。

早いことがいいことだとは限りませんが、
この流れに続いていければと思っています。

続きを読む

スポンサーサイト

ダブルデート/日常への憧れ。

昨日は、いつもよりも少しだけ遅い時間に、
地元の駅まで、“彼女”を迎えに行きました。

今回は、いつものデートとは少し違います。

ダブルデートをしてきました(笑)。



付き合う前、僕と“彼女”は、部活の先輩・後輩の仲だったのですが、
部内には、僕達以外にも、1組のカップルがいました。

それが、1つ先輩のYさん(男性)と1つ後輩のSさん(女性)です。
僕と“彼女”は、学年では1つ違いなので、“彼女”とSさんは同級生です。

当時から、この4人で行動することは多く、部活の練習はもちろん、
遊びに行ったり、食事に行ったりと、たくさんの思い出があります。

4人で最後に集まったのが今年の夏(⇒ダブルデート)なので、
YさんとSさんと会うのは、およそ4か月ぶりです。

今回は、その4人で昼食に行ってきました。



駐車場で再会すると同時に、「久しぶり~♪」とSさんに飛びつく“彼女”。

こういうことをしているから見た目が幼くなる…とは、
口が裂けても言えません(汗)。

Sさんからは、「先輩、おしゃれメガネをしてるんですね」との一言。

“彼女”からのプレゼントを『おしゃれ』と言われることに、
悪い気はしませんでした。



結局、食事をしてから、喫茶店に移動し、
飲食をしながら、いろいろな話をしました。

お互いの近況報告がほとんどでしたが、少しだけ、結婚の話もしました。

僕達の話はほとんどしませんでしたが、
YさんとSさんの結婚は、5年以上も先になりそうな感じです。

僕達よりも付き合いが長いYさんとSさんですが、
結婚するときには、およそ10年の付き合いになっているのかも…(汗)。

続きを読む

“彼女”らしい反応。

昨日は、僕の地元に、“彼女”が遊びにやってきました。

風邪は、症状がのどから鼻に移っただけで、まだ治っていませんが、
僕のテンションは、前回のデートのときよりも自然に上がっていました。

2か月近く“彼女”に会えていなくて、凍りついてしまっていた僕の心が、
2回目のデートで、ようやく解凍してきたんだということにしておきました。



いつもと同じように、まずは昼食に行って、
今回は、僕へのクリスマスプレゼントのメガネを探しに行くことに。

僕はメガネなしでは生活できませんし、“彼女”もメガネっ娘(?)なので、
お互いの顔は、ほとんど、メガネも込みで認識されています。

そこで、店内では、いろいろなフレームを試着し合っていました。

フレームの形状だけでなく、色が違っても顔の印象がかなり変わるので、
かなりおもしろくて、楽しかったです。

使い慣れたものを好む僕ですが、“彼女”の「つまらない」の一言で、
結局、今までと違うイメージのフレームにすることにしました。

フレームを決めたら、目の検査を受けて、手続きをし、
できるまで書店で時間をつぶしてから、新しいメガネを受け取りました。

今回、プレゼントしてもらった新しいメガネは、
常時ではなく、プライベート用として使っていく予定です。



ちなみに、フレームを決めて、手続きをしているときのこと。

レンズの種類が何種類かあって、どれにしようか迷っていると、
店員のお姉さんが、“彼女”に向かってこう言いました。

「『奥様』は、どう思いますか?」



まさかの一言!

『奥様』というフレーズに、思わずにやけそうになる僕に対し、
“彼女”は、表情を微動だにしないで、すぐにこう返しました。



「え、違います。」



店員さんの『奥様』は、一瞬で全否定されました。

せめて、躊躇くらいはしてほしかったです…(汗)。



“彼女”にしてみれば、『奥様』の一言は嬉しかったそうですが、
それは、大人として認識されたからなのだそうで。

確かに、ヘタをすれば中学生に間違えられることもある“彼女”なので、
その気持ちは、分からなくはないですが…(激汗)。

何にしても、“彼女”らしい反応でいっぱいでした。



その後、職場の先輩に紹介していただいたケーキのお店で、
ケーキと紅茶を堪能しました。

さらに、カラオケに行くことになったのですが、
せっかくなので、今までに行ったことのないカラオケ店に、
試しに行ってみることにしました。

僕の車にはカーナビが付いていないので、
ケータイのアプリケーションを利用しながら、
“彼女”のナビで、ふらふらとドライブをしていました。

カーナビがないのは不便ですが、
こういうドライブは嫌いじゃなかったりします。



カラオケの後は、喫茶店で夕食をとり、
そのまま、車を走らせて、夜のドライブへ。

車内で、そういう展開になったときは、
僕が“彼女”にひざ枕をするパターンが多いです。

試しに訊いてみました。「ひざ枕は好き?」と。



「楽だから」と返ってきました。

最後まで、“彼女”らしい反応が楽しめた1日でした(笑)。

続きを読む

大きな荷物のあるデート。

昨日のデートの報告(?)です。



実は、デートの前に、重大なミスをしまして。

…風邪をひきました(汗)。

土曜日くらいから、微熱があって、のどの調子が悪かったのです。
念のため、火曜日に病院に行ったのですが、風邪でした。

インフルエンザでなかったのが、不幸中の幸いです。

できれば、昨日までに完治させたかったのですが、
中途半端な治りかけの状態でのデートになってしまいました。



さて、今回は、電車で“彼女”の地元に向かいました。

ただ、いつもと違ったのは、大きな荷物があったということ。
駅で“彼女”の車に乗り込むときに、後部座席にその荷物を置きました。

大きな荷物があるなら、車で行ったほうが楽だったのでしょうが、
さすがの“彼女”も、電車で運ぶことは予想しないだろうと考えて、
サプライズ的な要素の強い電車にしました。

サプライズということでは、“彼女”が駅に迎えに来てくれる前に、
“彼女”の自宅まで歩いて届けて、驚かせようかとも思いましたが、
「風邪をひいているのに無理するな」と怒られそうだったのでやめました。



そのまま昼食に向かい、食事を終えてから、
駐車場で、“彼女”にその大きな荷物を開封してもらいました。

中身は、“彼女”へのプレゼントの最有力だった、大きなぬいぐるみです。
運転席の“彼女”が隠れるくらいの大きさのものです。

“彼女”も、大きな荷物の正体には気付いていたのでしょうが、
実物を目の前にしてはしゃぐ姿を見ると、嬉しくなるのは確かです。

…はしゃぎ方が無邪気すぎて、幼児かと思ったのはここだけの話(笑)。



その後、いつもならカラオケにでも行くのでしょうが、
あいにく、僕の状態が悪くて行けません。

そこに、2か月ぶりのデートということも考えると、行き先は限られます。

途中、お互いに文字どおりの意味で寝ていました。
いいのか悪いのかは別として、日頃の疲れが残っていたのでしょうか。



夕食では、今後の話をしました。

相変わらず、進んでいるような、進んでいないような感じです(汗)。



【今後の話】(過去の記事(時期とカメラマン)を要約)

今後3年間の“彼女”の異動がなくなったので、
仕事を引き継いだり、新しい仕事が増えたりする春から、
2年後のお盆の直前あたりに、結婚する時期の変更を検討。

ひとまずは、お互いに両親に相談ということに。





そして、帰る直前。

11月に溜め込んでいた自分の気持ちを、少し話してみました。

続きを読む

時期とカメラマン。

今日は、“彼女”の地元に遊びに行ってきました。

その内容の詳細は、近日中にまとめることにするとして、
今日は、夕飯のときにした、今後の話について書きたいと思います。



今まで、結婚するのは、次の次の春ということで話を進めてきました。

ですが、先日、僕の職場の先輩から、
次のようなアドバイスをいただきました。

「異動する気がないなら、春じゃないほうがいいかもしれないよ。」



言われてみれば、時期を決めるときに、
“彼女”が僕の地元に異動をしてくることを前提にしました。

異動をするなら春。
だったら、そのタイミングで新生活をスタートさせようと。

ところが、今後3年間の“彼女”の異動はなくなったので、
もう、春にこだわる必要はなくなったわけです。

むしろ、仕事を引き継いだり、新しい仕事が増えたりする春は、
避けたほうが賢明なのかもしれません。



そんな自分の考えも含めて、“彼女”に話をしたところ、
比較的、余裕がありそうなお盆の直前あたりに、
目標を変えてみることにしました。

夏の結婚式は暑いと評判(?)ですが、
ひとまずは、お互いに両親に相談ということにしました。



結婚式といえば、もう1つ。

“彼女”の友達の知り合いに、プロのカメラマンの方がいるそうで、
先日、ひょんなことから、友達と一緒にその方と会ってきたそうです。

そのときに、何故か結婚式の写真の話が出たようで、
お願いすれば撮ってくれる方向に話がまとまったらしいのです。



式場のカメラマンの方に撮っていただくよりも、
個別でお願いしたほうがいいという話もよく耳にします。

気が早過ぎる話ですが、この縁は大切にしたいところです(笑)。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。