スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“彼女”がウチにやってきた!…その後。

前回の記事(⇒“彼女”がウチにやってきた!)の続きです。



ボウリングを終えて,両親とも別れました。

ここから先は,いつものようにデートです(笑)。



「本屋に行きたい」という“彼女”。

ボウリング場の近くにあった書店に行きました。

デートのときに,時間があって,特に何も予定がなければ,
一般の書店にも中古の書店にも,たまに立ち寄ります。

今回,“彼女”には買いたい本があったようで,
店内を回り,4冊のお買い上げとなりました。

僕はというと,“彼女”とは好きな本のジャンルが少し違うため,
“彼女”にくっつきつつ,離れつつ,ふらふらしていました。



その後は,一緒にまったりするために,そのテの場所(?)に行くことに。

5月に入ってから,早くも3回目。
しかも,最近のデートは,3回連続でこの展開です。

もちろん,イヤなわけはありませんが,
何回か続くと,不安というか罪悪感というか,
そんな気持ちに何故かなってしまう僕がいます(汗)。

…自分から誘っているのに。



夕食は,喫茶店で。

僕が,喫茶店の独特の雰囲気が気に入っていることもあり,
夕食を喫茶店でとるのは,最近,少しパターン化しつつあります。

それなりの値段で,意外と満腹になれるので,ちょっとお得な感じです。

続きを読む

スポンサーサイト

“彼女”がウチにやってきた!

昨日,“彼女”がウチ…僕の自宅にやってきました。

今までにも,何回か自宅に招待したことはありますが,
今回は,少し意味が違います。

“彼女”は,僕の両親に挨拶をするためにやってくるのです。



いつもよりも少し早めに,“彼女”を駅まで迎えに行きました。

“彼女”は,地元の名物(?)という和菓子の紙袋と一緒にいました。

「手土産とか,そういう気遣いはいいからね」と言ってはいたのですが,
“彼女”の性格的に,ないわけがないとは思っていましたし,
僕も渡している以上,もらうのが礼儀という気もします。



自宅に着くと,まずは母がお出迎え。

「どこの部屋にする?」「飲み物は何がいい?」と,
その場で,僕や“彼女”に訊いて決めるノープランな感じ。

続いて,父の登場。
「(部屋の)どこに座ってもらおうか?」と,またしてもノープラン。

こんな両親から生まれた僕は,言うまでもなく,
ノープランで優柔不断な性格の持ち主です(汗)。



人見知りで,めったに“彼女”の前に姿を見せない弟もやってきて,
いよいよ,話が始まりました。

…とは言っても,いきなり本題ではなく,やっぱり世間話から。

途中で,「Jackからいろいろと聞いているけれど…」と切り出す父。

今後,どうしていけばいいのか,少し先のことも含めて,
父が考えてくれていることを聞くことができました。

普段,僕が報告や相談をするときにも話してくれる内容でしたが,
それだけ考えてくれているんだなぁと思うと,ありがたい限りです。

これからどうするかは,僕の両親も含めた多くの方々の意見を参考に,
“彼女”と相談しながら,決めて進めていきたいと思います。



昼食に行く予定だったので,それほど長い話にもならず,
「じゃあ,行こうか」というような流れで終わったのですが…。

お互いに頭を下げて「よろしくお願いします」というようなものが,
話の中で,これといってなかったような…。

僕のとき(⇒いざ、挨拶へ!【後編】)に続いて,
またしても,挨拶らしくない挨拶になってしまいました(激汗)。



昼食は,予約しておいた中華のバイキングに,
僕と“彼女”と両親の4人で行きました。

弟は,元々,別の予定があったので,ここからは別行動です。

“彼女”も両親も,いつもよりも気を遣ってはいましたが,
特に緊張した感じもなく,いい雰囲気で食事ができたと思います。



食事の後は,カラオケの予定でしたが,
“彼女”のノドの調子が悪く,断念することに。

その代わりに,ボウリングに行くことになりました。



ボウリングは,4人とも,
とりあえず100点を目指すレベルの腕前です(汗)。

ある意味で,いい勝負になりました。

父が,ガーター4連発で2フレームを台無しにすれば,
僕も,必殺(?)のスペアーの直後のガーターを繰り出したりと,
結局,残念ながら,アベレージは誰も100に到達しませんでした(激汗)。

低いレベルで,盛り上がりました(笑)。
何がともあれ,楽しくできたので,よしとしたいと思います。



ここで,両親ともお別れです。

くどいようですが,挨拶らしい挨拶ではなかったものの,
かしこまらずに楽しくできて,それはそれでよかったと思います。

嬉しい返事。

この前の日曜日に,“彼女”と電話をしました。

次のデートプラン(⇒外さない両親)の話もしましたが,
僕としては,それ以上にしたい話がありました。



電話をした前日に,職場の飲み会がありました。

年齢の近い職場の先輩であるOさんやIさん,後輩のRさんは,
僕に彼女がいて,僕が結婚を考えていることを知っています。

ちなみに,このIさんは,過去に何回か登場している,
あのIさん(⇒マッサージ皮肉か深読みか北へ南へ(前編))です。

“彼女”も,Iさんとは直接の面識はないものの,
密かに,“マッサージのお姉さん”と呼んでいます(笑)。



アルコールの力も借りて,その若手メンバーに,
「結婚は,そう遠くないうちにはしようと考えています」と話をしました。

「二次会には呼んでね」と言ってもらえましたが,
二次会は今のところ予定していないことを伝えると,
「だったら,披露宴に呼んでね」と言ってもらうことができました。

また,上司が呼び出したこともあり,この春に異動してしまった,
同期(細かく言えば少し違いますが)のOくんも,会に参加していました。

もちろん,彼にも僕の近況を伝えたのですが,
彼からも,嬉しい返事が返ってきました。

まだ1年以上も先の話なので,詳しい日にちは話しませんでしたが,
“彼女”とタイミングを合わせて,また話をしたいと思います。



話を戻します。

今回,出てきた職場の4人は,“彼女”との話の中でもよく出すので,
名前と特徴だけなら,“彼女”も知っています。

彼らを呼ぶかもしれないこと,
さらに,その許可をもらえたことを,“彼女”に伝えました。

そして,彼らとの話の中で出てきた,二次会をやるかどうかの問題。

“彼女”は,「呼びたい人がたくさん来られなさそうならやる」と。
僕も,今はその“彼女”の意見に賛成です。

続きを読む

外さない両親。

先週から,“彼女”とメールのやりとりを頻繁にしています。

頻繁に…といっても,6日で3往復ではありますが(激汗)。



メールの内容は,次回のデートの打ち合わせ。

つまり,“彼女”の挨拶のときの予定を決めるということです。

僕のとき(⇒いざ、挨拶へ!【後編】)は,
挨拶…というか,話をしてから,夕食をごちそうになりました。

そして,僕の両親がオススメする(?)今回の予定はというと…



話(挨拶)→昼食→カラオケ→解散



カラオケを外さないあたりは,さすがです(笑)。
むしろ,どっちがメインなのか,分からない気もしなくはないですが(汗)。

結局,“彼女”からもOKが出たので,この予定でいきます。

僕と“彼女”,僕の両親の4人でカラオケに行くのは,
これで3回目(⇒「謀ったな!」カラオケ拝聴会)になりそうです。

3か月前の逆。

この前の日曜日に,“彼女”と電話をしました。

内容は,主に前回の記事(⇒初めての打ち合わせ)に書いた,
“進めておいたほうがよさそうなこと”の相談です。

僕は,何かやらないといけないことがあったときに,
早くやろうと気持ちが焦るパターンが多いです。

反対に,“彼女”は,何とかなるさ派(?)なので,
今回も,徐々に進めていくという結論になりました。



そして,次回のデートなのですが,
“彼女”が,僕の両親のところに挨拶に来るかもしれません。

僕の両親は,「そんなにかしこまらなくてもいい」ということで,
“彼女”からの挨拶はなくてもいいと言っていました。

しかし,“彼女”は,“彼女”のご両親から,
「きちんとしたことなんだから」と言われているようで,
結局,次のデートのときに,家に来ることになりそうです。



およそ3か月前の僕のとき(⇒いざ、挨拶へ!【後編】)もそうでしたが,
挨拶といっても,想像するような流れにはならないかもしれません。

それでも,“彼女”をしっかりサポートしたいと思います。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。