スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ拝聴会…その後。

前の記事(⇒過去の記事へ)の続きです。



鉄板焼きのお店から、駐車場へ向かう道を歩く僕と“彼女”。

この道は、僕にとって、苦い思い出の残る道です。



【苦い思い出の残る道】(過去の記事を要約)

4年前、“彼女”と初めて一緒に過ごしたクリスマス。

今回の鉄板焼きのお店のすぐ近くにあるお店で、
当時としては、相当に背伸びをしたクリスマスディナー。

付け焼き刃のテーブルマナーと雰囲気に、がちがちに緊張したまま、
駐車場に戻る途中、自分の思いをうまく表現できなかった僕が、
その気がないのに、“彼女”を傷付けるような一言を放った道。

その内容は、“彼女”に嫌われ、フラれてもおかしくないほどのもの。



“彼女”にとっても、おそらくいい印象がない、この道と駐車場。

その場所を、少しでもいいものにしようと、
僕はある話をもちかけようとしました。

それをさえぎる、“彼女”からの「もうすぐ閉まるね」の一言。

駐車場の空いている時間が、残りわずかだったため、
その場所での話をあきらめ、車を移動させることにしました。



移動した先は、いつも、夜のドライブで車を停める場所。

今回もそこに車を停めて、話を始めました。



まずは、自分たちのこと。

もうすぐ、付き合って4年の記念日を迎えます。

今まで、けんからしいけんかを、1回もしたことがありません。

僕に対する不満を我慢していないかと、
付き合い始めから今までに、何回も“彼女”に訊いてきましたが、
返事は決まって「特に(不満に思って)言うことはないよ」というもの。

反対に、僕から“彼女”に対する大きな不満もありません。



次に、僕の誕生日のこと。

2月の下旬に、僕の誕生日があります。

いつも、なかなかプレゼントを決めきれない僕に対して、
今回、“彼女”からは、早い段階から「考えておいて」と言われています。

そこから、話を進めていきました。

以後、僕の言ったことはグリーンで、
“彼女”の言ったことは、イメージカラーのブルーで書いていきます。



「誕生日のプレゼントなんだけど…」

「決まった?」

「うん。でも、欲しい物というか、お願いがあって…」

「私にできること?」

「うん、多分ね。」

「何?」

「今まで4年、付き合ってきたじゃん。」

「うん。」

「今までの4年だけじゃなくて、これからもずっと、仲良くしてください。」



何を言っているの?という顔をする“彼女”。
そこに、僕はもう一言、付け加えました。



「今までちゃんと言ってこなかったね…。僕と結婚してください。」



その瞬間、“彼女”は呆然とするでもなく、泣き出すでもなく…



爆笑していました(激汗)。

“彼女”は、こういうムードのときに、笑うクセ(?)があります。
そして、笑いながらも、いい返事をくれました。

僕は、話を続けます。



「じゃあ、その左手の薬指を予約させて。」



そう言って、“彼女”の前、助手席側のダッシュボードから、
紙袋を取り出しました。

少し手間取りつつも、中から小さな箱を取り出します。



「え?…何?」

「こういう箱の中身って、決まっているでしょ?」



箱の中の指輪を前に、動きが止まる“彼女”。



「えぇっ!?」

「左手を貸して?」



指輪を、“彼女”の左手の薬指にはめました。

でも、エンゲージリングではありません。
言わば、『仮婚約指輪』といったところです。

指輪をはめた瞬間から、また、“彼女”の爆笑が始まりました。
それでも、話は続いていきます。

内容は、プロポーズの裏話的なこと。



「いつの間に準備をしたの?」

「(中距離恋愛だから)準備できる時間はたくさんあったよ。」

「今日は、察しやすい日だったから、気付かれているかと思った。」

「ううん、(プロポーズは)もっと先のことだと思ってた。」

「びっくりした…。人間って、驚くと笑うことしかできないものなんだね。」



ひとまず、サプライズとしては、成功でした。

「プレゼントをあげる側が、何かもらうとは思ってもみなかった」と、
“彼女”も思ったようなので。



最終的に、息が切れるほど笑っていた“彼女”。

直接的なことは訊きませんでしたが、笑ってくれたということは、
結果として、よかったのかなぁと思いました。

「“彼女”の笑顔が好きだよ」と言えるくらい、
“彼女”の笑顔はステキですし。



最後に、“彼女”が満面の笑顔のまま、僕を手招きしました。
顔を寄せると、“彼女”からキス。

やっぱり、結果として、よかったのかなぁと思いました。



結局、仲良くさせていただいている恋愛ブロガーの方々のような、
ロマンチックで感動的なプロポーズとは程遠い感じになりました。

それでも、これはこれで、
僕達らしくて、まぁいいかなぁと思っています(笑)。



2つの記事にまたがって、長々と書いてきましたが、
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

730日 JACKさん プロポ-ズおめでと!!!

相互LINKをしているブログ『730日』の管理人さんJACKさんが遂に!!! プロポ-ズをなされましたあああああああああああああ! 本当におめ...

コメント

非公開コメント

プロポーズ成功おめでとうございます!

Jackさん!!ついに!!
プロポーズ成功おめでとうございます!!
いやいや十分ロマンチックだと思います◎
普通の日が特別な日になる事も、
苦い思い出が幸せな想い出に塗り変わる事も素敵です。
彼女さんの爆笑は絶対に照れ隠しですもんね。可愛い彼女さんです!
いゃもうお嫁さんですね☆
何だか私もとっても幸せな気持ちになれました。
やっぱり嬉しい話は読む側も心が温まるものです!
とにかく、プロポーズ成功して本当に良かったですね☆☆

Congratulations!

Jackさ~ん♪久しぶりにやってきたら 
こんな嬉しい気持ちにさせていただけるなんて思ってもみませんでしたよ^^
今日はバレンタインデー なぜか私は一日中カリカリしっぱなしで
した。でも今は あったかい気持ちでいっぱい~

記事を読んで、ある曲を思い出しました。
『Lyrico のキセキノハナ』
悲しみが二人を 包み込んでも
握り締めた手 離さないから
明日も来年も 10年先も
ずっと隣にいるから・・・

この曲の歌詞すべてが大好きです。
Jackへプレゼント^^

はじめまして、杏奈と申します

ブログからブログへ飛んできてきました
偶然読んだら
とても素敵な記事でしたので思わずコメントしています
プロポーズよかったですね~
思い出のバレンタインデーになりましたね
これからも仲良くです
カラオケ拝聴会~ネーミングに笑ってしまいました
私も彼のご両親とカラオケに行ったことあります
楽しいですよね 笑

おめでとおおおおおおお

おめでとおおおおおおおおおおおお!!
プロポ-ズノ記事を今読んでめっちゃうれしくなりました!!!!
お互いの事を大切にこれからも幸せにすごしてくださいね!!


本当におめでとうございます^^

No title

読んでいて興奮してしまいました(笑)
十分、ロマンチックですよ^^
彼女サンが笑ってしまったのも照れ隠しなんだろうなぁ~、と思います。

いや、本当に、おめでとうございます!!

No title

いつもこっそり(?)覗いてましたが
これは思わずコメントします!!


本当におめでとうございますe-420
読んでるこちら側もとても幸せな気分になります

これからも、お二人でお幸せに(*´∀`*)

きゃーー(*'0'*)☆

Jackさん!!おめでとう!!!
タイトルが拝聴会だったから、まさかまさかで本当ビックリ!!☆
充分ロマンチックなプロポーズだと思うよ!(*´▽`*)
サプライズ感がすてき☆
彼女さん、めっちゃかわいい方ですね( *´艸`)
お幸せに~♪これからの記事も楽しみにしてます☆

No title

゚+.(ノ。・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆
素敵なプロポーズじゃないですか(〃▽〃)
彼女さんがこういう状況で笑っちゃうっていうの、何となく分かります(笑)
照れくさくて…照れ隠しって感じかな( ´艸`)

お二人の幸せそうな雰囲気が伝わってきて
思わずにやけちゃいましたΣ(ノ∀`*)ペチッ
幸せのお裾分けを(ゝ∀・)アリガトォ♪

No title

きゃー!!おめでとう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
遅くなっちゃってごめんよぅ。。

Jackさんたちらしくて、心がほんわかしましたっ♪
やっぱり指輪目の前にすると動きとまるもんよね。うんうん♪

さぁこれからいよいよ…だね!
ってもう色んな話がちょこちょこ進んでるんだろうけど、式場とかね(。-∀-)ニヒッ
これから二人力を合わせて頑張ってってください☆

No title

お返事が遅くなってすみません。
あたたかいコメントをありがとうございます。


>神撫涼志さん

苦い思い出を塗り替えたかったのですが、
場所を移動してしまったのは、少し残念です(汗)。

それでも、特別な日にはなったかなぁと思います。

ありがとうございました。


>・・・さやや・・・さん

バレンタインや誕生日で、もらう機会が多い時期なので、
カウンターを仕掛けてみました。

うまくいったようで、何よりです。


>杏奈さん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

渡す側としてのバレンタインは初めてでした。
思い出に残る一日になったと思います。

“彼女”がいちばん歌がうまいので、
僕と僕の両親にとっては、ひそかに拝聴会です(笑)。


>絵空さん

ある意味、新しいスタートなので、
幸せに過ごせるようにがんばりたいと思います。

ありがとうございました。


>濡れ烏さん

ロマンチックなプロポーズにしたかったので、
そう言っていただけると嬉しいです。

照れ隠しでも、爆笑されるとは思っていませんでしたが…。

ありがとうございました。


>まきのさん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

決めていかなければいけないことなどもあって、
これから忙しくなりそうですが、がんばっていきたいと思います。


>みぃさん

せっかくなので、サプライズにしようと思っていましたが、
しっかり驚かせられたようで、よかったです。

カラオケの後だったので、なおさら、
予測しにくかったのかもしれません。

ありがとうございました。


>こころさん

プロポーズをする側は、相当に照れくさいのですが、
される側も、やっぱり照れくさいものなのですね(笑)。

幸せのお裾分けと言っていただけると、
何だか嬉しくなっちゃいます。

ありがとうございました。


>紗和さん

僕達らしさがたっぷりのプロポーズになりました。

動きが止まるのは予想していたのですが、
爆笑されるとは思っていませんでした(汗)。

協力して、先に進んでいきたいと思います。

ありがとうございました。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。