スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、挨拶へ!【前編】

休日の朝、いつもはどれだけ早くても8時過ぎにならないと起きませんが、
昨日は、緊張のためか、7時前に目が覚めました(汗)。

理由は後述しますが、朝食を多めに食べて、いざ、挨拶に出発です!

手土産の焼菓子は持ったものの、“彼女”のお母さんの一言もあって、
スーツではなく私服で向かいました。



電車に乗って、駅に着いたら、
いつものように迎えにきてくれた“彼女”の車に乗り込みました。

誕生日のことを確かめたくて、ちょっと不機嫌な感じを出してみましたが、
“彼女”からは「大丈夫?(笑)」の一言。

どうやら、相当に緊張しているとカン違いされたようです。
自分の演技力を呪いました(笑)。



【誕生日のこと】(過去の記事(「あ~あ」な誕生日)を要約)

今週の僕の誕生日に、“彼女”から、何の連絡もなかったこと。

その理由は不明。





お邪魔するのは16時からの予定。
さらに、“彼女”のお母さんが夕飯を用意してくださるとのこと。

以前に、“彼女”から知らされていたのですが、
“彼女”のうちごはん(?)は出てくる量が多いのだそうです。

そこで、夕飯コースを予想していた僕は、
それに向けて昼を抜くために、朝を多めに食べたのでした。

それでも、“彼女”が朝食を食べていなかったようで、
一緒に昼食に向かうことに。

僕は、おやつ程度の量を胃に入れました。



その後、僕の買い物で書店に付き合ってもらった後、
いつものように、カラオケに行きました。

ここは、いつものデートと何の違いもありません(笑)。



そして、ついに“彼女”の自宅に向かうのですが、
我慢のできなくなった僕は、誕生日のことを“彼女”に訊いてみました。



「今週、仕事は忙しかった?」と訊く僕。
「何で?」と返した“彼女”。

僕は、続けてこう言いました。



「こう見えて、歳が1つ増えました。」

意識はしていませんでしたが、かなりイラついた口調だったと思います。



それに対する“彼女”の反応は、目を大きく見開いた後、大声の…



「あーーーー!!」



…でした。

どうやら、忘れていたようです(激汗)。



運転しながら、さらに、自宅に着いてからも、車の中で、
「ごめん」、「あたし、最低だ」、「何で…」を繰り返す“彼女”。

気付けば、“彼女”は泣いていました。

“彼女”が、すぐ自分のことを責める性格だというのは知っているので、
そこからの僕は、“彼女”を慰める任務を負うことになりました(汗)。

どちらにしても、理由がはっきりした時点で、
それ以上、何か言う気は僕にはありませんでしたし…。



しばらく話をした結果、
“彼女”の「来年はがんばるから」で話はまとまりました。

今から、楽しみにしようと思います(笑)。

そして、今回のことは、もうタブーにしたいと思います。



この後、僕にとっては、この日の中で最も緊張する瞬間を迎えます…。
(最近、この展開ばかりですが…。)

長くなりましたが、まだ続きます。(⇒いざ、挨拶へ!【後編】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。