スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアル発見!?

以前(⇒“彼女”は理系男子?)にも書きましたが,
僕は本を読むのが好きで,興味のある本には片っ端から手を出します。



先週,『ふたりで読む結婚準備のすべてがわかる本』という,
まさに,今の僕にぴったりのタイトルの本を発見しました。

もちろん,瞬時に購入をしました。

まだ,中身にざっと目をとおした程度ですが,
結婚についてのあらゆることについて書かれたマニュアルという感じ。

情報をうまく取捨選択できれば,いい武器になりそうです。



…でも,欲を言えば,もっと早い段階で読みたかったです(笑)。



以下は,余談ですが。

少し興味があるので,かたくない心理学の本もよく読みますが,
最近,買った本の中に,こんなフレーズがありました。



「人は何かの選択をしたとき,『必ず後悔する』ようにできている」



詳しい理論や説明は省略しますが,人間は何かの選択で迷ったときに,
得た喜びよりも失った悲しさの方を強く感じるからなのだそうです。

また,どうせ同じ後悔をするのなら,
自分で決めた方向に進む方がいいとも書かれていました。

最近,忙しさもあって,ヘコみがちだったのですが,
前に進む元気を,少しもらったような気がしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

後悔だらけの毎日ですが・・・(笑)

Jackさんは非常に読書家なんですね!
本を読むという習慣が身についていないのでとても尊敬します。
私が活字を目で追うのは新聞の編集後記が限界です。(笑)

ところで「人は何かの~」というフレーズですが、
凄く納得させられるというか、開き直れるというか、
いろんな後悔をしてきた私としてはとても励みになる言葉でした。
後悔した分、選択するチャンスと決断力があったのだと思えば、
後悔した事も決して無駄ではなく次の選択肢への架け橋なのかなぁとも。

できれば後悔なんてしたくないのが本音ですが、
誰かに決められて誰かのせいにして悲しむよりは、
自分で決めた事に責任を持って後悔した方が、
恨む負荷を心にかけずに済むのでいいかもしれません。
だから後者の方がピュアでいられるかなぁ、なんて。(笑)

No title

>かよさん

活字も好きでよく読みますが,読みやすいものが中心だったり,
コミックなどもよく読んでいたりします。

どんな選択をしても,多かれ少なかれ後悔はツキモノですもんね。
後悔のない生活を送れればヘコむことはないのかもしれませんが,
後悔できるほど選ぶ楽しみがあるんだと考えると,
それはそれで,意外と悪くないのかもしれません。

No title

おはよ、Jackさん

本は心を豊かにしてくれるわよね

「人は何かの選択をしたとき,『必ず後悔する』ようにできている」
うーん。。。私にはこれは当てはまらない感じがするわ。。。

私の持論・・・
何かを選択する時・・・迷って迷って悩んで悩みぬいて決めた事はその人にとって一番の選択肢だと思うのよ
選んだ道が間違ってるとその時は思っても絶対一番の道だと思える時がくるわ
自分で選んだ道は絶対一番なのよ、だから私は後悔はしないわね
それによって失ったものが大きければ大きいほど選んだ道をしっかり進まなければならないと思うわ
時々立ち止まったり横道に逸れたりもしても一本道が通っていれば必ず戻ってこれるわ
日常の中に。。。日々生活していく中でもいつも選ぶことに直面していると思うのよ
その日々の中に自分の行くべく道へのヒントが隠されていることも多いのよね
なーんて。。。ちょっと熱く語ってしまったわ
これは私の持論だから他の人とは違うところも多いわね、きっと



No title

>杏奈さん

今回,引用(?)させていただいた本にも,結論として,
自分の選んだ行動なら決して間違っていない的なことが,
書いてあったので,後悔のくだりを抜きにして考えれば,
杏奈さんのおっしゃっていることと,そう遠くない気がします。
(そうでないようでしたら,すみません(汗)。)

本だけでなく,ブログというこの場もそうですが,
たくさんある情報の中で,何をどれだけ自分のものにして,
どう生かすかっていうのが,大切なんだと思っている今日この頃です。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。