スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試食会。

昨日,“彼女”と式場に出かけてきました。

試食会に参加するためです。



試食というと,無料というイメージがありますが,
残念ながらそうではなく,有料でした(汗)。

その内容は,15,000円の和洋折衷とフレンチのコースを,
2人で食べ比べるというもの。

片方が和洋折衷のコースを試食し,
もう片方がフレンチのコースの試食をするというわけです。

テーブルマナーではタブーとされる料理のシェアも,OKとのことで,
文字どおり,食べ比べることができます。

それでいて,2人で14,000円なら,何だかお得な気さえしてきます(笑)。



前菜から1皿ずつ,“彼女”と分けながら試食をして,
料理に評価をつけていきました。

評価といっても,点数をつけたというわけではなく,
和洋折衷とフレンチのどちらがいいかを選んでいった感じです。

結局,料理の内容と,結婚式や披露宴や式場のイメージから,
選ぶならフレンチかなぁという判断はしたのですが,
フレンチの魚料理である,オマール海老のローストの味が独特で,
おまけに食べにくく,それがネックとなり,決めかねてしまいました。

途中で,6月から新しく担当になるプランナーのGさんと,
今月いっぱいの担当プランナーのYさんと話をしましたが,
魚料理だけ入れ替えることも可能だそうなので,
その選択をすることになりそうです。

ただ,当初の見積もりの段階では,
料理の予算は13,000円のプランになっており,
そのままでいくのなら,多少,料理のグレードは下がるとのこと。

1人あたり2,000円でも,全体となると10万円を超えます。
慎重に判断をしたいところです。



次回の打ち合わせは,意外とすぐにやってきます。

内容は,当日の会場のコーディネート。
この打ち合わせまでが,Yさんの仕事です。



実は,この試食会の間,
ずっと,“彼女”の口数が少なかったのです。

最初は,体調が悪いのかと思いましたが,
時折の話の内容と,その雰囲気から察するに,
悪いのは体調ではなく,機嫌だったようで…(汗)。

さらに,思い出してみれば,その原因は明らかに僕でした(激汗)。



いつものように,式場の最寄りの駅まで“彼女”に迎えにきてもらったとき,
“彼女”はブライダルエステの帰りでした。

完全な言い訳ですが,そのときの僕の中には,どこかに,
「具体的でない褒め言葉は意味を成さない」という考えがあり,
また,細かい違いに気付くのが苦手ということもあって,
エステ帰りの“彼女”を見ても,特に感想はなく…。

見え透いたことを言っても仕方がないと思い,
ただ見たままの意見と,少し冗談めかしたことを口にしました。

その場では,“彼女”もいつもと変わらなかったのですが,
試食会の途中から,このときのことを思い出して,
怒りがわいてきたようです。

いくらニブい僕でも,“彼女”のリアクションから,
「ひょっとして,怒っているのでは?」と疑い,考えて,
今回は,めずらしく正解を導き出すことができたのでした。

ただ,試食会の途中で,謝るような話をするのも,どこか違うように思い,
その重い空気のまま,試食会を終えました。



結局,式場を後にする頃には,いつもの“彼女”に戻り,
謝る機会を逃したまま,ドライブをして,駅まで送ってもらいました。

どこで話を切り出そうかと,タイミングをうかがっていたところ,
“彼女”の方から,この話題をふられました。

「こういう展開にしてはいけないだろう」と心の中で自分にツッコむものの,
そんなことをしたからといって,もちろん,事態は好転せず。

“彼女”は,この日の僕の最初の一言に対して,
「(事実でも)言い方ってものがある」とご立腹でしたが,
「(怒っていたことに)気付いていたのならいい」とのこと。



物事の言い方の問題や,物事に気付くかどうかは,
今までずっとこんな感じなので,“彼女”からしてみれば,
僕に対して,どこかあきらめられているところもあるようです。

僕のことを理解してくれているような気もしつつ,
どこかむなしいものですし,そう思わせてしまっている自分が情けない…。



“彼女”の言うように,怒っていることに気付いたことと,
こういう事態に陥っても,後でがくっと落ち込まなくなったことは,
僕自身の成長だと思いますが,まだまだ修行がまったく足りていません。

精進します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

これで彼女さんの怒りに気付いてなかった
もっと大変だったでしょうねe-263

私も、怒ってることだけじゃなくて怒ってた理由も
わかってくれていたなら許せるような気がしますe-320

なんだか、Jackさんより彼女さんの方が
一枚上手ですねe-264

No title

>ちいさん

僕が何かと気が付かないということを,“彼女”はよく知っているので,
とても難易度の低い,分かりやすいリアクションをしてくれました。
もし,僕が気付いていなかったとしたら…想像したくありません(汗)。

付き合い始めてから,常に“彼女”の方が一枚上手です。
「勝てると思っているの?」と言われる始末です(涙)。

No title

こんにちは、Jackさん

試食会~
いいわね、試食でもフルコースがいただけるなんて格安だわ
でもそうね2000円差といっても全体となるとね
結婚式とか多額の費用がかかるときって金銭感覚が麻痺しちゃうところがあるのよね

彼女さんを怒らせてしまったのね~
ダメよ、きちんと言葉で伝えないと~笑
「具体的でない褒め言葉は意味を成さない」~いえいえ成すわよ、ちょっとした言葉でも嬉しいものよ!

No title

>さゆりさん(杏奈さん)

フルコースというだけあって,試食会は,
成約したカップル限定ということでした。

金銭感覚は,ちょっと怪しくなってきた感じなので,
気を付けたいと思います。

この反省を今後に生かしていければ…とは思うのですが(汗)。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。