スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会場のコーディネートの打ち合わせ。

昨日,式場での打ち合わせに行ってきました。
今回の内容は,当日の会場のコーディネートです。

今回も,エステ後の“彼女”に,
式場の最寄りの駅に迎えにきてもらいました。

いつも以上に念入りにやってもらったようで,
予定していた時間よりも,“彼女”は30分ほど遅れてやってきました。

前回の反省(⇒試食会)から,“彼女”に対する発言には,
それなりに気を遣いましたが,気の利いたことはやっぱり言えず(汗)。

昼食にファミレスに行き,打ち合わせの予定の時間まで,
そのまま,ずっと話をしていました。



今回は,プランナーさんではなく,
フラワーデザイナーさんと,話を進めていきました。

披露宴会場で使う花は,会場の雰囲気に合わせて,
南国のリゾートのような感じでもよさそうでしたが,
“彼女”の希望もあり,かわいい感じにしてもらうことに。

その代わりに,受付にリゾート系の花をお願いしました。

時期を考えて,アクセントにひまわりを使ってもらい,
それに合わせて,オレンジ色やクリーム色や黄色の花を中心にして,
鮮やかに夏らしさを表現してもらうことにしました。



テーブルクロスは,カラードレスのライトブルーとかぶらないように,
リーフグリーンという明るい緑にしました。

ナフキンの色は,オフホワイトという明る過ぎない白,
折り方は,スタンダードなバラにしました。



両親への花束やフラワーシャワーについては,
今まで特に考えてきていなかった(激汗)ので,
花を使うか,別のものにするかと言われ,迷ってしまいました。

その場で“彼女”と相談をしようかと思ったのですが,
「私は花でいいよ」の一言で,どちらも花に決まりました(笑)。



そして,最後にブーケを決めることに。

フラワーデザイナーさんが持ってきたブーケの雑誌を,
ひたすら読みふける“彼女”。

ドレスもそうですが,ブーケも,
女性にとって,特別なものなんだなぁと思いました。

残念ながら,そこまでの感覚は僕にはありませんでしたが。

ウェディングドレスの方は,白を中心にまるくなり過ぎないように,
カラードレスの方は,ピンクやパープルを中心に,
作ってもらうことにしました。



最後に,担当プランナーのYさんと話をしました。



先程,フラワーデザイナーさんの言うとおりに,
どんどんお願いしてしまったこともあり,この日に決めた花だけで,
最初の見積もりに比べて,13万円ほどオーバーしてしまったようです。

“彼女”は,削れるところがないか考えようとはりきっていましたが,
僕にしてみると,余計なところまで削り過ぎないかが少し心配です。

お金を削ろうとする側と,それを止める側の性別が,
一般的な場合と反対な気もしますが(笑)。

それにしても,正式に決まる前に教えていただけたのはよかったです。

式の日の2週間前までは,変更が可能なようなので,
じっくり考えていきたいと思います。



途中で,“彼女”から,Yさんに質問がありました。

それによると,心付けは基本的に不要ということと,
家族などで写真を撮りたいのなら,撮りたいドレスによって,
事前か事後に時間を見つけて,撮影をするということでした。



最後に,今月いっぱいで退職してしまうYさんと記念撮影をし,
6月から新しく担当になるGさんと4人で,15分ほど立ち話をしました。

途中,冗談半分で,Yさんを招待するという話もしていましたが,
僕達2人は,割と本気だったりします。

次回,Gさんとの2回目の打ち合わせは,
6月の中旬に,当日の詳細と引出物を決める予定です。

引出物のカタログ(決まったものだけ)を持参することと,
式のイメージをふくらませておくことを忘れないようにします。



その後,夕食でラーメン屋さんに寄り,“彼女”にお願いをして,
1時間ほど,夜のドライブに付き合ってもらいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。