スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契約書に必要なもの。

先週,不動産屋さんから届いた契約書を書こうと思い,
書類を確認していたところ,あるコメントが目に留まりました。

それは,「実印にて捺印下さい」というもの。



数年前,車を購入するときに,印鑑登録を済ませたため,
一応,実印と呼ばれる印鑑を持ってはいます。

でも,それは,“必要になるかもしれないから念のため”レベルのもので,
登録されている印鑑も,簡単に手に入る安価なものです。
(結局,そのときも実印としては使いませんでした。)

そこで,今後,必要になるかもしれないし,
せっかくの機会なので,実印用に新しい印鑑を購入することにしました。



どんなものがいいのかという知識はまったくなかったため,
はんこ屋さんに行って,店員さんにいろいろと訊いてみました。

教えてもらえたのは,以下の3つ。

・姓だけでなく,フルネームを彫る
・男性の実印なら,直径が16.5mmか18mmのものがベター
・材質は,柘や水牛ではなく,象牙がオススメ

さらに,来週からはセール期間で象牙が30%OFF!という情報も得て,
そのタイミングで注文しても,急ぎで作ってもらえるそうなので,
セール期間になるまで,待ってみることにしました。

そもそも,はんこ屋さんにセール期間があるのが驚きでしたが(笑)。



そして,昨日。
仕事帰りに足を運んできました。

ほとんど迷うことなく,その場ですぐに注文をしてきました。
さすがはセール期間,値札よりもかなり安くしてもらえました。

仕上がりまで2週間ほどかかるようでしたが,前回のときの話を出し,
予定の日にちよりも,5日ほど早めに仕上げてもらえることになりました。

仕上がったら,印鑑登録をし直して,契約書を完成させようと思います。

新居決定!

“彼女”と一緒に,不動産屋さんへ行ってきました。



いつもの時間に待ち合わせたため,
不動産屋さんに行く前に,まずは昼食へ。

その後,時間に余裕があったので,家電量販店へ。

“彼女”が言うには,家電についてはコネ(?)があるらしく,
そのため,新しく必要になる家電の購入は,お願いしてあります。

できれば,数年後,僕の地元に戻ってきたときに,
そのまま使えるものが購入できればとは思っています。

ちなみに,このときに立ち寄った家電量販店は,
僕の父との待ち合わせ場所でもありました。

きっと,僕達だけでは気付かないようなところに気付いたり,
違った視点から物件にあたってもらえたりすることができると思い,
助っ人として,立ち会ってもらえるように依頼してあったのです。



父とも合流して,いざ,不動産屋さんへ。

早速,不動産屋さんの社用車で物件へ向かいました。

物件の外観は,あらかじめ何回か見ていましたが,
内装を見るのは,このときが初めてでした。

第一印象は,汚い(汗)。

天井やら,壁やら,床やら,
汚れというか,跡が残ってしまっています。

前に住んでいた方が長かったようなので,
その汚れだと予測できました。

入居日までには,内装工事をするそうなので,
この件については,ひとまず保留としました。



自作のチェックリストを基に,担当の女性スタッフに訊きながら,
あらゆるところをチェックし,カメラで撮影をしました。

そして,誰よりも質問をしていたのは僕の父。
さすがは助っ人です(笑)。

不満だったのは,個人情報の保護のため,
他の部屋の住民の情報(家族構成など)と,
大家さんの情報がなかったこと。

何とか教えてもらえたのは,
僕達と同年代の親子連れや新婚さんが多いらしいということだけでした。

あとは,浴室の構造。
排水溝ではなく角に水が溜まりやすい構造になっていました。
これは,内装工事をしても改善されないとのことで,注意が必要です。

また,水道が止められていたため,
水回りは,思っていたほど,チェックできませんでした。

ただ,それ以外に問題点らしい問題点はなく,
空きが出ない物件であることと,長く住んでいる方が多いこと,
さらに,条件自体はよかったため,契約をすることにしました。



不動産屋さんに戻り,仮契約(?)をして,
担当の女性スタッフと,その上司らしき方から説明を受けました。

内装工事の後,確認をする期間がほしかったので,
入居日は,式の2週間前(7月下旬)にしました。

その日からすぐに住むのではなく,
式までの2週間で,住めるように準備をします。

式が終わったら,一緒に住む予定です。



その日は,不動産屋さんを後にして,カラオケに行きました。
久しぶりのデートらしいデートといったところでしょうか。

カラオケの後は,夕食に行って,再度,物件を見に行って解散にしました。
小さい子どもを連れた母親らしき女性を目撃しました。
おそらく,上の階の方じゃないかと…。



数日後,不動産屋さんから,審査が無事に済んだ報告を受けたため,
7・8月分の家賃を含めた初期費用を一括振込しました。

その翌日,不動産屋さんから正式な契約書が届きました。

記入が済み次第,不動産屋さんに持って行きます。

続きを読む

新居は次で決まり!?

気になる物件(⇒物件の絞り込み)のことも含めて,話をするために,
単身,不動産屋さんに行ってきました。



あらかじめ,“彼女”がメールで予約をしておいてくれたので,
すんなりと本題に入ることができました。

担当は,僕と同じ年齢くらいの女性のスタッフさん。



まずは,条件の確認から。

“彼女”からのメールで伝わってはいるようなので,
ひとまず,自分が思っていることを伝えてみました。

その後,2つの物件の資料を見せていただきましたが,
確かに,何となく条件には合っていましたが,どちらも古い…。

個人的には,“引っかかったら儲けもの”的な物件のように感じました。

そこで,メールで資料を送ってもらっていた,
気になる物件の資料を見せてもらえるようにお願いをしました。



今度は,気になる物件も含めて,
3つの物件の資料を見せていただきました。

どれも徒歩10分以内で,2LDK,築年数もそこまで古くなく,
それ以外の条件も,おおよそ満たしています。

間取りはもちろん異なりますし,フロアも違いますが,
写真を見る限り,あまり変わりはないように見えました。

そのため,各物件の違いと,それぞれの難点を訊きました。

単純に,物件に関して何も分かっていないということと,
利点は何も言わなくても教えてくれるだろうと考えたためです。



比較をしてみても,メールで資料をもらって気になっていた物件が,
いちばんよかったので,仮押さえができるかどうかを訊いてみました。

この翌日に,“彼女”が話をしに来ることになっていたことと,
メールのやりとりでも,この物件に“彼女”が好意的だったことから,
次の日までは,仮押さえをしてもらうことができました。



最後に,契約をするときの説明を受け,電車に乗って移動,
“彼女”と合流をしました。

不動産屋さんでのおおよそのことを伝えたところ,
実際にその物件の外観を,車で見に行くことに。

建物自体も,そのまわりの環境も,
それほど悪くはないようには見えました。

続きを読む

物件の絞り込み。

“彼女”と,4日続けて,電話で相談をしていました。

その内容は,結婚してからの住居のことです。



2か月くらい前(⇒なってみないと分からない)に,不動産屋さんから,
物件は,6月くらいに決定をするとよいと教えてもらっていました。

6月に突入したということで,“彼女”から,
その不動産屋さんに連絡をとってもらったところ,
予想していたように,目を付けていた物件はすでに入居済み。

その代わりに,2件の物件のデータが送られてきました。

相談をして,2件のうちの1件に絞りました。

その物件,ほとんどの条件はよかったのですが,
最大のネックは,駅から徒歩16分というところ。

“彼女”の駅までの通勤のことを考えると,
すんなりとのめそうな条件ではありません(汗)。

自転車通勤をすれば済む話なのかもしれませんが,
それでも,何とか徒歩10分以内に収めたいところです。



そもそも,その不動産屋さんは,
“彼女”のお父さんの職場と提携していて,
その優遇を受けられるということで,お世話になっていました。

ところが,最近になって,別の不動産屋さんとも提携をしたらしく,
今までにお世話になっていたところと比べると優遇は少ないものの,
提携をしていないところと比べれば,やはり利点はあるようです。

そのため,新しく提携をした不動産屋さんの物件も,
検索をしてみることにしました。

その結果,4件の候補が見つかり,そのうちの1件に絞りました。

早速,不動産屋さんに連絡をとってもらい,
その物件の資料をもらうことにしました。



もらった資料を見る限りでは,駅までは徒歩9分で,
家賃はやや高めではあるものの,何とか許せる範囲であり,
他の条件を見ても,悪くはなさそうだったので,
店舗に出向き,話をすることにしました。

ただ,僕と“彼女”の休みが合わなかったことと,
まだ入居者がいるとのことで,不動産屋さんと連絡をして,
まず僕が1人で話をしに行き,翌日に“彼女”が話をして,
最後に,2人揃って物件を見に行くことになりました。

効率は悪いですが,いい方向に前進ができればと思っています。

なってみないと分からない。

前回の記事(⇒小物合わせ)の続きです。



小物合わせを終え,ドレスショップを出てから,
電車に乗って,別の駅へ移動をしました。

その駅とは,“時間的な中間地点”として,
結婚をしてから,住む予定で考えている駅です。



【時間的な中間地点】(過去の記事(もう変更はない?)より引用)

部屋を借りて住むとした場合,
僕の地元と“彼女”の地元までは,それなりの距離があり、
距離的に真ん中の場所を中間地点に設定すると,お互いに通勤に不便。

大きい駅の近くに住めば,距離は遠くても通勤しやすくなると考え,
お互いの通勤時間などから判断した候補地のこと。

そこから,僕は車で通勤,“彼女”は電車で通勤する予定。



実際に住み始めるのは,結婚をしてから,もしくはその直前からなので,
まだまだ先のことではありますが,話をするだけしておこうと,
不動産屋さんに行ってみることにしたのです。



不動産屋さんにもいろいろな種類がありますが,偶然にも,
“彼女”のお父さんの職場と提携している不動産屋さんがあったので,
迷うことなく,そのお店にだけ行くことにしました。

“彼女”が,予めメールをしておいてくれていたこともあり,
担当の男性スタッフと,すんなり話を始めることができました。

オススメの優良物件は,今の時点では2件あるものの,
僕達が希望をしている時期までには残っていない可能性が高いそうで,
どんな物件があるかは,そのときになってみないと分からないそうです。

8月の入居だと,6月くらいに決定をして,7月から契約をし,
1か月をかけて,必要なものを搬入していくとスムーズなんだとか。

今はちょうど引っ越しのシーズンですが,夏はそうでもなく,
じっくりと話を進めていけるのは利点ですが,
物件は,空きにくいのかもしれません。

いい物件があったら,少し早目に(家賃を払いつつ)キープするのも,
1つの手かなぁと,“彼女”とは相談をしておりました。

ひとまず,希望なども含めて,ひととおりの話はできました。

空き物件の情報が入り次第,連絡をくれるそうなので
しばらくの間は,基本的に連絡待ちのスタンスになりそうです。



その後,車もなかったので,僕の地元に戻ることにしました。

乗った電車が同じだったので,仕事帰りの父と地元の駅で合流。
前日の招待状の話(⇒招待状の打ち合わせ)をしました。



僕の自宅で少しのんびりして,夕食へ。
地元にある,インド料理のお店に出かけました。

“彼女”は,たまにナンが食べたくなるときがあるらしく,
“彼女”の地元で,同じようなインド料理のお店によく行くそうです。

そんな“彼女”からも,合格をもらうことができたので,よかったです。
ただ,食べ慣れた“彼女”の地元の店にはかなわなかったようですが…。

最後に,時間はあまりなかったものの,まったりすることにしました。



次に“彼女”と会うのは,招待状を完成させるための,
4月の打ち合わせのときになりそうです。

それまでに,きっと,新年度の仕事の報告を,
何回かすることになるとは思いますが(汗)。

続きを読む

プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。