スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語って難しい。【前編】

“彼女”のサツマイモの感想(⇒不完全燃焼からの脱却(?))を,
先日,両親に伝えてみました。

すると,今はサツマイモと柿のストックがあるとのこと。

試しに,“彼女”にいるかどうか,メールで訊いてみました。

メールを送って2日後になる,昨日の夜になって,
ようやく,もらうと返信がきました(汗)。



そこで,今日の朝,夕方に届けに行ってもいいか,
再びメールで訊いてみました。

しばらくして,“彼女”から,こんな返信が届きました。

「母さんが来るなら夕飯食べてこいってゆってんだけど」
「今日は夜どうすんの?」



これを読んで,しばらくはその意味が分かりませんでした。

結局,僕としては,次のように考えました。

『きっと“彼女”のお母さんも夕食のメニューの都合があるんだろう。』
『急に誘った以上,どたばたして迷惑をかけてはいけない。』
『夕食を早めに食べてから向かおう。』

つまり,「来るなら夕飯食べてこい」の部分を,
僕は,「来るなら(予め)夕飯食べて(から)こい」と解釈をしたのです。

“彼女”に,次のように返信しました。

「じゃあ,食べてから行くことにするよ。」
「いつもよりも遅い時間になりそうだから,渡したらすぐに帰るね。」



その後,“彼女”から,返信が届きました。

「あ。もしかして逆にとった?」
「Jackくん来るなら一緒に夕飯食べてこれば?って言われたんだが…」

これを読んで,ようやく気が付きました。

最初のメールの「来るなら夕飯食べてこい」は,
「来るなら(一緒に)夕飯食べ(に行っ)てこい」という意味だったようです。

メールの最後の一言,「構わないけどさ。」が心に突き刺さります。



でも,時すでに遅し。

結局,僕は夕食を家でとった後で,“彼女”の家に行くことになりました。

柿を“彼女”の家までわざわざ届けるのは,
去年の秋(⇒柿がつくる時間)に続いて2回目です。

今回も,もちろん,タダではすみませんでした。

長くなりますが,次回(⇒日本語って難しい【後編】)に続きます。

続きを読む

変える?変えない?

前回のデート(⇒スベってもプッシュ!)のときに,
“彼女”から,カラオケの課題曲を2つもらいました。

今週,その件で“彼女”とメールのやりとりをしたのですが,
少し困ったことになりました(汗)。



カラオケによく行く僕と“彼女”ですが,
僕には,カラオケの致命的な弱点があります。

それは,音域がせまいこと。
正確に言えば,高い音があまり出ないのです(激汗)。

裏声については,悲しいことに全く出ないので,
結局,歌いやすい高さにキーを変更して,
好きなように歌っているのです。



そして,今回の課題曲。

一般的な高さの曲だと思うのですが,
僕にとっては,やっぱりちょっと高い感じがしました。

そのため,「今回もキーを変えて歌えばいいや」と考えていたのですが,
実は,2つの課題曲のうち,片方はデュエット曲なのです。

つまり,おそらく“彼女”と一緒に歌うことになるような気がします。



“彼女”は僕と違って,キーを原曲から変更すると,
音がとれなくなって,とても歌いにくいんだそうです。
(そのかわり,高音の音域はとてつもなく広いのですが。)

さて,“彼女”に甘えて,キーを変えるか,
何とか高い声が出せるようにがんばるか。

どちらにしても,もっと練習をしてみようと思います。

続きを読む

任務のためにも。

これからの予定を問い合わせるメール(⇒慣れたはずでも…)に,
“彼女”から,返信が届きました。

届いたのは,やっぱり翌日だったわけですが(汗)。



そして,そのメールに,次の休日の予定を訊くメールを返信しましたが,
3日が経った今となっても,“彼女”からの返信がきません。

問題なのは,その休日がもう目の前にいるということ。

休日は,自分の時間を満喫することが多い僕ですが,
今回は,入荷したランニングシューズ(⇒レアな商品?)の確認・購入と,
記念すべき第1回目のランニングという,任務(?)が待っています。



予定が合うにしても,合わないにしても,
さすがに,そろそろリアクションがほしいところです。

いくら“彼女”のためでも,決めた予定を変更するのは,
個人的に好きではないので,避けたいところなのですが…。



最近,こんなニュアンスの記事ばかりで,すみません(激汗)。

慣れたはずでも…。

おかげさまで,ノドはよくなっているものの,
残念ながら,完治はしていません。

ここのところ,電話もできず,お互いに忙しくて会うこともできず,
書く記事はメールのことが中心ですが,今回も相変わらずな感じです。



近頃は,1~2週間に1回くらいのペースで,
“彼女”にメールを送っています。

メール不精カップルですので,
このペースは,決して少なくなかったりします(汗)。



以前の記事(⇒一方通行の応援)では,
返信を求めていないことになっていますが,最近はそうではありません。

メールがこないことに慣れてはいるのですが,
僕にしてみれば,コミュニケーションが不足している今の状況。

精神的な余裕が,徐々になくなってきています。

どうにか,“彼女”とコミュニケーションをとりたくて,
“彼女”への応援だけでなく,現状を訊くようなことを書いています。

それでも,その返信が届くのは数日後で,
さらに返信をすると,ほとんどの場合は終わります(激汗)。



今までに「返信してよ」と何回も頼んでも,このとおりなので,
もはや,どうにもできないといった感じです。

“彼女”にしてみれば,コミュニケーション不足なんて,
おそらく感じていないでしょうから,なおさらです。

いちばんの有効なのは,
僕が早くノドを治して,電話をすることなのだとは思いますが。



今回のメールでは,これからの予定を訊いてみたのですが,
さて,どうなることやら…。

続きを読む

一方通行の応援。

昨日は土曜日でしたが,“彼女”は仕事だったようで。

そのことを知っていた僕は,
一昨日(金曜日)の夜,“彼女”に応援メールを送りました。



日が替わるくらいになって,“彼女”からの返信が届きました。

そこには,今から帰ることと,ノドが痛いことが書かれていました。

仕事で声を出さないわけにはいかないので,相変わらず,
“彼女”のノドの調子はよくならないみたいです。

そんな状態なのに,日が替わるくらいの時間まで仕事…。

すぐに「お疲れさま」と返信をしましたが,
その僕のメールへの返信はありませんでした。



昨日の夜,仕事を終えたであろう“彼女”に,
再び,メールを送りました。

その返信も,未だに届いていません。

メール不精の“彼女”のことなので,
返信がこないのは,いつものことではあります。

電話をしたいところですが,ノドを痛めて電話がしにくい今の状況では,
がんばる“彼女”に,メールで応援することしかできません。

どんなリアクションをしてくれているのかは分かりませんが,
それを僕が感じられないのは,ちょっと寂しいです(汗)。

それでも,返信を求めていては応援にならないですし,
何より,“彼女”の負担を増やすことになってしまうので,
これからも,少しずつメールで応援し続けていきたいと思います。



ちなみに,“彼女”だけでなく,
僕のノドの調子も,まだまだ治る気配がありません。

この前,一緒に仕事をしている人に,
「なかなか治らないのは歳のせいじゃない?」と言われました。

…その台詞はまだ早いと思いたいです(激汗)。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。