スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女を泣かせる彼氏。

この前の土曜日,“彼女”と遊びに行ってきました。



まずは,前回のデート(⇒いつもとは違う感じ)で預かってもらっていた,
キャスターを,“彼女”から受け取りました。

そして,昼食に向かいます。

いつものように,「何がいい?」と訊く僕。

ほとんどの場合,「何でもいいよ」と言う“彼女”ですが,
今回は,「あそこに行こうよ」と提案をしてきました。

「どこ?」と訊くと,“彼女”は,あるレストランの名前を挙げました。

そこは,昨年末のデート(⇒まさかのしめくくり)で,
僕が何も食べずに眠ってしまったレストランでした。

そのときに,「元気なときに,また来ようね」と言ってくれた“彼女”ですが,
このタイミングで誘ってくれるとは思っていなかったので,
何だか,嬉しかったです。

もちろん,今回はしっかりとリベンジをしてきました(笑)。



その後,めずらしく映画を観に行くことに。

今回,観たのは,『僕と妻の1778の物語』です。
SF作家,眉村卓氏の実話を基にした作品です。

互いを思いやる夫婦愛や友情が,切なくもあたたかく,
心を震わせる内容の映画でした。

家や病院などの建物の内装や,万年筆を使った執筆活動など,
作品の中に,どこかなつかしい昭和的な感じが伺えたのは,
現代的な忙しなさを感じさせない意味で,よかったです。

ただ,作品の中に出てくる小説の内容が,
決しておもしろくないわけではなかったものの,
その独特な感じに慣れるのに,時間がかかりました。

次第に,その世界観に引き込まれてはいったのですが…。

この部分については,眉村氏が実際に書いたものに,
手を加えずに映画化をしたらしく,その判断には賛成なのですが,
そもそも,そのものが僕の好みには少し合わなかったようです(汗)。

ある意味,この作品のキモであっただけに,残念です。

また,完全なフィクションじゃないということは予め知っていましたが,
自分の中で期待をし過ぎて,先にハードルを上げていた感じがあります。
だからこそ,観ていて少し冷めてしまったところがある気さえします。

それがなくて,もっと素直に観ることができていたのなら,
きっと,さらに感動できた映画だったのではないかなぁと思います。

とてももったいなかったです(激汗)。



ちなみに,“彼女”はこういう感動モノの話が苦手です。
嫌いではないと思いますが,避けているように思います。

理由は,すぐ泣くから。

自分が泣いているという事実が,自分の中で許せないそうなのです。
まして,今回のような話だと,先の予測がつくだけになおさら。

ただ,僕が感動モノの話が好きなので,
よく付き合ってもらって,泣かせています(汗)。

今回も,僕の誘いがなければ観なかったと言っていましたが,
予想を裏切らず(?)に,ぼろぼろ泣いていたようで,
自分のことをカッコ悪いと思ったんだとか。

僕は,まったく泣かない(泣けない?)派なので,
ある意味,うらやましいと思うのですが…。



映画の後は,一旦,僕の自宅に戻ることに。

最初に受け取ったキャスターを置きに行くのと,
“彼女”に持ってきてもらった海外旅行のパンフレットを見るためです。

一足早く,“彼女”のお母さんがチェックしてくれたという記事を見て,
“彼女”と相談をした結果,行き先と内容が,ほぼ決まった感じです。

詳しいことは,また別の記事で書きたいと思います。



夕食は,喫茶店に行きました。

今さらな感じもしますが,“彼女”に,
異性のストライクゾーンについて訊いてみました。

その結果,僕の場合は,
見た目を,身長と中身でカバーしているんだそうです。

この結果を喜んでいいものかどうか…(激汗)。

それ以外には,僕がいろいろと理屈を語っていたと思いますが,
それを聞いてもらえるのが嬉しいところです。



夕食の後は,夜のドライブへ。

仕事の話にも,違うものにも火がつきました。



次に会えるのは,2月の中旬以降になりそうです。

いつもとは違う感じ。

昨日,“彼女”と会ってきました。

お互いに昼食を済ませて,午後から合流という,
少しめずらしいパターンです。



この日の僕は,いつものかばんに加えて,
キャスターに乗せた2箱のダンボール箱を携えていました。

その中身は,みかん。

この冬,自宅にあるみかんの木になったみかんが,
例年以上の豊作で,消費が追い付かず…。

腐らせてしまうのも,もったいないということで,
“彼女”に相談して,少しもらってもらうことになったのです。

20kgのみかんに悲鳴を上げるキャスターと僕の腕(汗)。



この日の目的の1つは,
婚約指輪のお返しの,オーダーメイドスーツの採寸。

そのため,その店に近い駅で降り,
“彼女”のお父さんに,車で拾ってもらうことに。

あいさつもそこそこに,車に積み込まれる2箱のみかん…。



仕事で,スーツを着る機会はそこそこありますが,
汚れたり,ほつれたりしやすい環境ということもあり,
そんなにいいスーツは着ていません。

もちろん,オーダーメイドのスーツなんて,着たことはありません。

てっきり,サイズを測って終わりだということを想像していたのですが,
それだけではなく,いきなりの生地(デザインと材質)選びから始まり,
スーツやポケットのタイプ,ボタンや裏地の色など,
たくさんのことを考えて決めていきました。

さすがはオーダーメイドだなぁと,妙に感心していました(笑)。

完成は2月頃の予定だそうですが,
せっかくなので,特別なときに着る勝負スーツにしたいと思っています。



次の予定の時間まで,まだ余裕があったので,
目的地の近くで,“彼女”のお父さんに車から降ろしてもらいました。

そのときに,持ったままでは大変だからと,
みかんを乗せていたキャスターを預かっていただくことに。

また,近いうちに,引き取りに行かなければなりません。



その周辺には,店がたくさん並んでいたので,
“彼女”と,食べ歩きを満喫していました。

目についた,肉巻きおにぎりや,
台湾唐揚げとタピオカミルクティーのセットを,
それぞれ1つずつ買って,“彼女”と分けて食べました。

意外と,こういう経験はしていないので,新鮮というか,
デートらしいデートって感じがして,何だか嬉しかったです。

最後に見かけた,炭火焼フランクフルトは,
胃の容量的に敬遠しましたが,冷静に考えてみれば,
肉類ばかりに誘惑されているという事実…(汗)。



その後,この日のもう1つの目的である,
僕のタキシードの試着のため,ドレスショップへ。

この詳細は,また別の記事で書きたいと思います。



ドレスショップを出た後で,たまたま近くにあった,
“彼女”の趣味の店へ行ってみることにしました。

そこには,僕の知らない世界が広がっていました(激汗)。

“彼女”にしてみれば,僕が“彼女”のその部分に,
一定の理解を示しているのがすごいらしいのですが,
想像に難くない独特な空気が,確かにそこにはありました。



電車で少し移動して,夕食は居酒屋へ行くことに。

いつもは,どちらかが車を運転していることが多いので,
そうでないときは,一緒に飲むパターンが多いです。

“彼女”と1対1で飲むのは,これで3回目。
去年の9月(⇒最後の誕生日)以来です。

今回も,僕は例にもれず,2杯でギブアップでしたが,
アルコールに強い“彼女”も,めずらしく少し酔ったようです。
“彼女”が頼んだお酒の度数が,少し強かったからでしょうか。



いろいろな話をしましたが,アルコールの勢いもあって,
今までのお互いの恋愛についての話もしました。

今さらな感じはありますが,この話題について,
詳しく話をしたことは,お互いにほとんどありません。

“彼女”からは,僕と付き合おうとしたきっかけや,
僕と出会う前に好きだった男性の話を聞きました。

今までに断片的に教えてもらってはいたのですが,
また,“彼女”のことを理解できたような気がします。

僕からは,“彼女”と付き合ってから,
他の女性に言い寄られていたことを話しました。
こちらも,少しずつ話はしていましたが,はっきり言うのは初めてです。

“彼女”以外の女性との付き合い方については,
僕のことを信用してくれているみたいなので,
余計な心配をさせてはいないと思います。

それでも,嫉妬心に近いものもあったようなので,
やっぱり,“彼女”はいい気はしていなかったかもしれません。

そういう意味では,少し反省です。



時間的には,いつもよりも短かったハズですが,
そうは思えないほど濃い1日になりました。

いつもとは違う,めずらしいことがたくさんあったからでしょうか。

4時間半のフォロー。

昨日,“彼女”の地元に遊びに行ってきました。



駅で合流してから,まずはいつものように昼食に。

途中,僕がトイレに行って席に戻るときに,
床が濡れていて,スリップして転んでしまいました。

あわてる店員さん。突然のことにきょとんとする僕(笑)。

その現場を見ていなかった“彼女”は,
店員さんの「大丈夫ですか?」の声を耳にして,心配をしたようです。

僕に,飲食店での体調不良の前科が何回かあるからなのですが,
何だか,恥ずかしいやら,申し訳ないやら(汗)。



昼食後は,お互いに行ったことのない,
ショッピングセンターに行ってみることに。

今回は,いろいろなお店の前で足を止める“彼女”に,
ひたすらついていきました。

気になる商品はいくつかあったみたいですが,ほとんど買わず。

“彼女”の中では,いいと思った商品があっても,
まずは,本当にいるか,そこまでいらないかの2択で判断をするんだとか。

でも,価格などを理由に,ほとんどのものはいらないに分類されるらしく,
結局,買わないことになるそうです。

僕がプレゼントをすればいいのかもしれませんが,
理由なきプレゼントは拒否されるので,あまり買った試しがありません。

だから,必然的にサプライズプレゼントが多くなります。
すでに買ったものに対して,拒否はされないので(笑)。

ただ,そんな計画的なところがある“彼女”ですが,
何の脈絡もなく,急に「アイス食べたい」というあたりは不思議です。

近くにアイスクリームショップがなかったことと,時間がなかったことから,
あきらめざるを得ませんでしたが(汗)。



この次に,ある場所に出かけますが,
それはまた別の記事で書きたいと思います。



その用件を済ませてから,カラオケに行きました。

僕は,日頃からよく歌うアーティストの,
普段はあまり歌わない曲を中心に歌っていました。

思っていた以上に好調だったようで,
途中,その機種の自己ベストを更新する嬉しい誤算もありました。

最後に,例のデュエット曲(⇒日本語って難しい【後編】)を,
“彼女”が入れましたが,今回も撃沈。

1回歌ったことで,次はもうないだろうと完全に油断して,
練習を怠っていたことが大きな敗因です。

また次の機会までの課題となりました。



帰りに駅まで送ってもらって,
車に乗ったまま,駅前で話をしていました。

実は,僕が,自分のことや“彼女”のことで,
気に病んでいることが少なからずあったので,
それを少し“彼女”に話して,話し合いをしました。

その話題だけではなかったものの,2時間以上も話をしていました。
さらに,帰ってから,電話で深夜まで2時間半。

ネガティブになると,あれこれと余計なことを考えてしまうのですが,
「いろいろと考えているんだねぇ」「わたしは何も考えていないから」と,
おそらく無意識的に,深刻にならないように“彼女”は返してくれます。

僕としては,“彼女”の考えていないところに,とても救われています。

今回も,少し気が楽になりました。



今回のような長い話になることは,めったにないのですが,
長い時間にもかかわらず,“彼女”は最後まで付き合ってくれました。

僕の体調が悪いときにも,気持ちが乱れているときにも,
嫌なそぶりも文句も一切なく,フォローをしてくれる“彼女”。

最近は,“彼女”に感謝することが多くていけません。
感謝することがいけないのではなく,借りをつくり過ぎています(汗)。

まさかのしめくくり。

2010年,最後の更新です。

個人的には,2月に“彼女”にプロポーズをして,
結婚式の準備を本格的にスタートさせた1年になりました。

そして,今年もこのブログを通して,
多くの方に励ましやアドバイスをいただきました。

ありがとうございました。

続きを読む

顔合わせ食事会…その後。

今日,ようやく全部の年賀状を完成させて,出してきました。

年賀状の枚数は少しずつ増えてきていて,今年は70枚以上。
その9割くらいが,仕事の関係です(汗)。

遠いところに住む知り合いに,ちゃんと元日に届くか心配です。



前置きはこれくらいにさせていただいて,
今回は,前回の記事(⇒顔合わせ食事会)の続きです。



行きと同じで,およそ2時間をかけて,
式場から僕の自宅まで戻ってきました。

車の中は,僕と“彼女”と僕の両親の4人。
両親は,後部座席で気を利かせて(?)爆睡していたため,
いつものように,“彼女”といろいろな話をしながらの到着です。

(主に僕の)休憩も兼ねて,“彼女”に上がってもらうことにしました。

応接間で,飲み物を飲みながら,座ってあれこれ話をしていました。

帰りに,ウチでとれたみかんと,
家族の誰も飲まないもらいものの発泡酒を,引きとってもらいました。



その後,地元のカラオケに行きました。

今回は,少しキツめの採点システムを使ったのですが,
予想していた以上に,見事に玉砕しました。
正しい音が,全然とれていませんでした。

ちなみに,“彼女”はいつもの安定感を発揮していました。
相変わらず,勝てません(汗)。



カラオケの後は,夕食に行きました。
今回は,ファミレスにしました。

そして,夜のドライブへ。

いつもの場所で車を停めて,あのテの展開になるわけですが,
意図的に,“彼女”に少し意地悪をしてみました。

“彼女”の新たな一面を見られたのはよかったですが,
逆襲を宣言されたので,身の危険を感じています(笑)。

帰り道では,予期せぬ事態に遭遇しましたが,文句さえ言わず,
サポートしてくれた“彼女”のあたたかさを感じました。

それは,この日以降の電話やメールのやりとりにも言えます。



この日は,2010年最後の週末でしたが,
年末年始で余裕があるため,まだ年内にデートの予定があります。

次回,2010年最後のデート,
今年をしめくくれるような充実したものになればなぁと思います。
プロフィール

Jack

Author:Jack
20代、うお座のA型。



妄想好きな僕と、
現実的な“彼女”。

そんなメール不精カップルの
中距離恋愛を綴っています。



このブログについては、
お手数ですが、こちらから。

僕(と“彼女”)については、
お手数ですが、こちらから。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近の記事+コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。